ホーム > ニュースリリース > 2009年(平成21年) > カルテル訣別宣言について

ニュースリリース

カルテル訣別宣言について

平成21年2月26日

カルテル訣別宣言について

株式会社淀川製鋼所

当社は、かねてよりコンプライアンス重視の立場で経営を行って参りましたが、「不特定多数の需要者向け溶融55パーセントアルミニウム亜鉛合金めっき鋼板及び鋼帯(塗装品種及び非塗装品種双方)」に関する独占禁止法違反(不当な取引制限)の嫌疑により、平成20年11月11日公正取引委員会から刑事告発され、続いて同年12月8日には当社および当社社員が同嫌疑により東京地方検察庁から起訴されました。

この刑事告発・起訴という事実を真摯に受け止め、当社は同様の不適切事案の再発を防止する強い決意を示すため、本日、取締役会においてカルテル行為およびカルテル疑惑を招く行為からの訣別を宣言し、同時に、この決議内容を社内・社外に周知徹底することを決議しました。

カルテル訣別宣言
「独占禁止法を遵守し、カルテル行為およびカルテル疑惑を招く行為を根絶する。」

以上

このページの先頭へ