ホーム > ニュースリリース > 2007年(平成19年) > 「ヨド物置 閉じ込め事故」「ヨド倉庫 強度不足」について

ニュースリリース

「ヨド物置 閉じ込め事故」「ヨド倉庫 強度不足」について

平成19年3月19日(第2報)

「ヨド物置 閉じ込め事故」「ヨド倉庫 強度不足」について

1.現状と今後の再発防止について

本件に関し、多大なご迷惑とご心配をお掛けしましたことを重ねてお詫び申し上げます。

「ヨド物置 閉じ込め事故」について
ご連絡をいただいたお客様に対し、全力でラッチ機能排除作業を進めております。今後も告知を含め継続して実施してまいります。

「ヨド倉庫 強度不足」について
残り1物件に関しましては平成19年3月22日に改修工事を終える予定です。

この度の件に関し、公表が遅れましたことにつきましては弊社の認識不足を深く反省しております。今後はすみやかな情報開示に努めてまいります。
また、製品開発にあたり、安全性、利便性及び強度面のチェック機能強化のために、社内組織の見直しを図り再発防止に努めてまいります。

2.現在の対応状況(平成19年3月16日)
以下の件数は全て物件数であり、物置の台数ではありません
対象機種 問合せ件数 改修希望件数 改修済み件数
ヨド物置エルモ 635 380 210
(※2)
ヨド蔵MD 87 42
ヨド物置エスモ 842 404
その他(※1) 148    
合計 1,712 826 210

(※1)対象外機種、他社製品等
(※2)改修済み件数の機種別は現在集計中です

※改修部品準備の為、ヨド物置エスモは3月10日から、ヨド物置エルモ・ヨド蔵MDは3月13日から改修作業を開始しています。

このページの先頭へ