ホーム > ニュースリリース > 2007年(平成19年) > ヨド物置閉じ込め事故及びヨド倉庫強度不足に関するお知らせ

ニュースリリース

ヨド物置閉じ込め事故及びヨド倉庫強度不足に関するお知らせ

平成19年2月28日

ヨド物置閉じ込め事故及びヨド倉庫強度不足に関するお知らせ

このたびは、消費者の皆様・関係者の皆様に大変ご迷惑をおかけしまして誠に申し訳ございません。 本件に関して、危険性に対する認識の甘さがあったと猛省しており、迅速に対策を講じてまいります。

1. 概要
■ ヨド物置閉じ込め事故

平成14年7月~平成17年3月発売の「ヨド物置エルモ(LMA)」、平成16年4月~平成17年3月発売の「ヨド蔵MD(DZA)」におきまして、平成 16年8月~平成18年8月の間に7件物置内への閉じ込め事故が発生しました。

■ ヨド倉庫(SOB)強度不足

ヨド倉庫(SOB)につきまして、SOB-3057タイプで強度不足が判明しました。
平成18年2月にモデルチェンジしてから平成18年4月18日までに17棟出荷しており、平成19年2月26日現在で9件が対応済みで、8件につきましては未対応となっています。
尚、平成18年4月19日以降につきましては対応済みの商品を出荷しています。

2. 本件に関する対応
■ 告知

お客様に、注意喚起・改修をお願いする広告を行います。

■ 製品に関する対応

[ヨド物置]

・無償で仮ロック機能を排除する措置を行います。
(お客様からの連絡受付窓口:CS推進チーム フリーコール 0120-882667)

・ヨド物置エルモ(LMA)と同様の仮ロック機能(ラッチ機構)が付いているヨド物置エスモにつきましても、平成19年2月27日12:00をもちまして販売・製造を中止いたしました。
※ヨド物置エスモ/平成13年2月~現在 出荷実績 約31万1千棟
※平成19年2月27日現在、ヨド物置エスモでの閉じ込め事故の情報はございません

[ヨド倉庫]

・未対応の8件につきまして、対応を迅速に進めます。

このページの先頭へ