フラワーアーティストによる第八回生花作品展示のお知らせ

 
第八回生花作品の展示は、11月23日(日)をもちまして終了致しました。
  第九回作品は、1月10日(土)より展示の予定です。


フラワーアーティスト・岸本忍 様ご協力による生花展示の第八回作品を11月8日(土)より公開しています。今回のテーマは「門出を祝うアニヴァーサリー」です。


1階受付上階段

1階受付上階段

1階受付上階段


2階応接室

2階応接室

2階応接室

<花材>

今回使用いただいた花材は以下のとおりです。

■バラ:クリームとピンクの2種類のバラが使われています。クリーム色のバラはその色から砂漠をイメージして、名付けられました。
■アンティークアジサイ:秋色アジサイや西洋アジサイなどを秋ごろまで咲かせ続けたものをこう呼ぶそうです。
■トルコ桔梗:北中米が原産地です。名前の由来については諸説あるそうです。
■木苺の葉:葉の形から別名ベビーハンズとも呼ばれています。
■アセビ:漢字では馬酔木と書きます。葉を食べた馬が毒に当たってふらついた事から名が付いたと言われています。
■クラブアップル:和名は山りんごで、欧米で品種改良された園芸品種です。


華やかな色のバラや桔梗とシックな色合いのアジサイなどを織り交ぜ、華やかな作品に仕上げていただきました。

当館にてライトの素晴らしい建築と、生花のコラボレーションをお楽しみ下さい。

生花のため、展示期間は2〜3週間程度となります。ご鑑賞をご希望のお客様はどうぞお早目のご来館をお願い致します。

<岸本忍 様>
芦屋市のフラワースクール『Shi's Wish』代表。フレッシュ、プリザーブド、アーティフィシャルフラワーと様々なジャンルのフラワーアートをご提案されています。

『Shi's Wish』の詳細はこちらの公式webサイトにて、ご覧いただけます。



 
Copyright©2002 Yodogawa Steel Works, Ltd. All Rights Reserved.