フラワーアーティストによる生花第二回作品展示のお知らせ

 
第二回生花作品の展示は、11月27日をもちまして終了致しました。
  第三回作品は、来年1月11日(土)より展示の予定です。

<花材>
■レナンセラレッド:深紅の花が印象的な台湾で多く栽培されている花です。
■マム(オペラ):菊の一種ですが、黄色やピンクの複雑な色合いをしています。
■ニューサイラン:ニュージーランド原産の多年草で、ニュージーランドを漢字で書くと新
 西蘭という事から、名が付いたそうです。
■利休草:中国が原産の多年草。名前の由来はわかっていないそうです。
 …他
次第に秋も深まりつつあり、もう少しすれば六甲の木々も赤く色づき始めます。今回の花材の中心であるレナンセラレッドの深い赤は、そういった六甲の紅葉の風景を想起させてくれています。直線的に花を付けるため生花としては扱いが難しく、高い技量が要求されるものだそうですが、迎賓館と見事に調和させていただきました。

秋を見つけに六甲へ、迎賓館へお越し下さい。
生花のため、展示期間は概ね一週間程度となります。第三回の展示は2014年1月11日(土)〜を予定しております。

<岸本忍 様>
芦屋市のフラワースクール『Shi's Wish』代表。フレッシュ、プリザーブド、アーティフィシャルフラワーと様々なジャンルのフラワーアートをご提案されています。

 『Shi's Wish』の詳細はこちらの公式webサイトにて、ご覧いただけます。



1階受付上階段
(レナンセラレッド、野いばら)


1階受付上階段
(レナンセラレッド、野いばら)


2階応接室
(マム、レナンセラレッド、野いばら)



2階応接室
(マム、レナンセラレッド、
ニューサイラン)


2階応接室
(レナンセラレッド、野いばら、利休草)


2階応接室
(レナンセラレッド、野いばら、利休草)



3階西廊下
(レナンセラレッド、野いばら)


3階西廊下
(レナンセラレッド、野いばら)


4階食堂
(レナンセラレッド、野いばら、利休草)



4階食堂
(レナンセラレッド、野いばら、利休草)


4階食堂
(マム、レナンセラレッド、野いばら)


4階食堂
(マム、レナンセラレッド、野いばら)

 
Copyright©2002 Yodogawa Steel Works, Ltd. All Rights Reserved.