ホーム > CSRの取り組み > 次世代育成支援対策推進法・女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画

CSRの取り組み

次世代育成支援対策推進法・女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画

計画期間

平成30年4月1日~平成33年3月31日


内  容

①採用に関する取組

採用目標値の設定、及び女性が活躍できる環境であることについて求職者等に向けた積極的な広報を行うことにより、女性大卒総合職を増やす。


◆目 標
各年度(平成31年度、32年度、33年度)における女性大卒総合職(新卒・中途・総合職転換含む)の採用等の割合を20%にする。

②諸制度の周知

産前産後休業・育児休業等の利用をしやすくするため、育児休業制度等の社内制度及び健康保険・雇用保険等の各種給付について、周知活動や情報提供を行う。

③長時間労働是正、及び年次有給休暇取得に関する取組

残業時間の削減について推進を行い、ワークライフバランスの実現を目指す。
また、魅力ある会社を目指し、「労使話し合いの場」において、年次有給休暇の取得促進についても様々な角度より検討する。

④継続就業・職場風土に関する取組

職場と家庭の両方において男女が共に貢献できる職場風土づくりに向けた意識啓発を行い、男性社員の育児参画の促進や、家事育児等の社内の両立支援制度の利用促進を図る。

⑤女性労働者及び管理職に向けた取組

主として男性従業員が従事していた職務に、積極的に女性を登用するとともに、女性が働きやすい環境を整備する。
また、女性が働きやすい組織風土を醸成するため、新たな研修や制度の導入を図る。

⑥女性の配置・育成・教育訓練に関する取組

女性従業員のネットワークを形成することで、就業へのモチベーション維持を目指す。

このページの先頭へ