ホーム > CSRの取り組み > 環境報告書 > 環境報告書(2012年) > 自然環境との調和と共生を目指して(社長メッセージ)

CSRの取り組み

環境報告書(2012年)

自然環境との調和と共生を目指して(社長メッセージ)

代表取締役社長 河本 隆明

当社は『環境宣言』に掲げております通り、『自然と調和し、共生する企業活動を行なっていくこと』を基本理念に、環境保全に取り組んでおり、昨年から事業活動における中期的キーワードとして『安全』『安心』『環境』『景観』を掲げております。

企業活動における環境保全の取り組みは、法令遵守等の社会的責任を果たすだけではなく、社会貢献と位置付け、積極的に取り組んでいかなければなりません。

昨年からの電力不足に関するエネルギー需給問題は未だ解消されておりませんが、当社では、生産部門での稼働時間の調整や高効率機器への更新、オフィス部門での照明のLED化等を実施し、全社的な節電に取り組んでおります。また、大気汚染防止設備の導入など、省エネ以外においても継続的な活動を行っております。さらに、環境提案として当社の特長を生かした環境対応商品の開発にも注力しております。

今後もステークホルダーの皆様にご満足頂き、未来の地球環境のために、環境保全活動に一層力を入れていきたいと思います。今後も当社の企業活動にご理解とご協力を賜りたく存じます。

2012年8月
株式会社 淀川製鋼所
代表取締役社長
河本 隆明

このページの先頭へ