ホーム > CSRの取り組み > 環境報告書 > 環境報告書(2010年) > 自然環境との調和と共生を目指して

CSRの取り組み

環境報告書(2010年)

自然環境との調和と共生を目指して

代表取締役社長 國保 善次

地球温暖化をはじめとする環境問題への対応が、企業の価値を決める要因のひとつとなってきております。環境保全への取組みは、企業が果たすべき社会的責任と認識し、当社はこれまでクロムフリー鋼板や太陽光発電パネルなどの環境に配慮した商品の開発、高効率機器への更新やCO2排出量の少ない燃料への転換、モーダルシフトの推進等に取組み、商品開発から生産活動・物流・販売に至るまで全ての事業活動で自然環境と調和し、共生する企業活動を行ってまいりました。

これからも、社員ひとりひとりが環境保全を意識して行動し、省資源・省エネ・リサイクルの推進等の環境目標の達成に向け努力してまいります。また、当社の特長を生かした環境対応商品の開発にも引き続き取組んでまいります。品質面のみならず、環境の面においてもお客様にご満足頂けるために、ひいてはこれからの地球環境のために、環境負荷の低減に一層力を入れてまいり ます。

今後も当社の企業活動にご理解を賜りたく存じます。

2010年8月
株式会社 淀川製鋼所
代表取締役社長
國保 善次

このページの先頭へ