ホーム > CSRの取り組み > 環境報告書 > 環境報告書(2009年) > 自然環境との調和と共生を目指して

CSRの取り組み

環境報告書(2009年)

自然環境との調和と共生を目指して

代表取締役社長 國保 善次

地球温暖化が深刻化し、重要性が増してきている環境問題は、人類共通の課題であり、企業の最重要課題のひとつとなっております。
当社はこれまで生産活動のみならず、商品開発から物流・販売に至るまで全ての事業活動で自然環境と調和し、共生する企業活動を行ってまいりました。

これからも、当社独自の環境目標を掲げ、達成に向け努力してまいりますとともに、当社の特長を生かした環境対応商品の開発に努めてまいります。これまでの活動の成果を生かし、これからの地球環境のために省エネルギーの推進をはじめとする環境負荷の低減に一層力を入れてまいります。

今後も当社の企業活動にご理解を賜りたく存じます。

2009年8月
株式会社 淀川製鋼所
代表取締役社長
國保 善次

このページの先頭へ