ホーム > CSRの取り組み > 環境報告書 > 環境報告書(2008年) > 環境目的・目標および成果

CSRの取り組み

環境報告書(2008年)

環境目的・目標および成果

全社的な環境目的に、事業所ごとにその特徴を反映して、地についた日常からの活動として推進しています。

環境目的 2007年度目標 2007年度実績 評価 2008年度目標
資源の節約 内周リングのリサイクル化2006年度比3%増(市川工場) 2006年度比13%増と目標を達成しました ★★★  
圧延ライン コイルカー用木製ボードの購入量を2006年度比50%削減(市川工場) 削減量は2006年度比30%でした ★★  
      木製スキッドの使用量を2007年度比50%削減する(福井工場)
省エネルギーの推進 特高変電所の更新により電力量を720,000kWh/年削減する(市川工場) 745,632kWh/年の削減となりました ★★★  
パソコン消費電力量を14,986 kWh/年削減する(呉工場) 目標達成いたしました ★★★  
ガソリン使用量の削減0.57kL/年(呉工場) 目標達成いたしました ★★★ 社有車用ガソリン使用量の削減0.14kL/年、67%(呉工場)
蒸気使用量の削減 11t/月(市川工場) 加熱用蒸気の削減施策を実施できませんでした 加熱用蒸気削減の新たな対策を検討する
エネルギー使用量2006年度比1%削減(大阪工場) 目標を達成できませんでした エネルギー使用量または原単位
2007年度比1%削減
(大阪工場)
(呉工場)
(市川工場)
(泉大津工場)
(福井工場)
廃棄物の削減 2009年度までに2006年度比50%削減する(大阪工場) 活動継続中 2009年度までに2006年度比50%削減する(大阪工場)
リサイクルの推進 事務用品のグリーン購入の推進品目比率で50%以上(大阪工場) 目標達成いたしました ★★★  
記録紙の再資源化 2,000kg以上(市川工場) 目標達成いたしました ★★★ 使用済み用紙を70%以上回収する(市川工場)
      廃棄物の燃料化 廃圧延油を45t燃料化する(呉工場)
環境負荷物質の削減 環境負荷物質を規制値の90%以下で維持する(大阪工場) 目標達成いたしました ★★★ 環境負荷物質を規制値の90%以下で維持する(大阪工場)
ロール洗浄用化学物質排出量を9月以降0とする(市川工場) 目標達成いたしました ★★★  
カラーラインのクロム酸廃液を2006年度比で4.6%削減する(市川工場) 目標達成いたしました ★★★  
      灯油使用量の削減ボイラーの燃料転換(灯油から電力)により41t-CO2/年、76%削減する(泉大津工場)

評価 ★★★:目標達成、 ★★:前年度実績より改善、 ★:さらに努力を要する

このページの先頭へ