ホーム > CSRの取り組み > 環境報告書 > 環境報告書(2007年) > 自然環境と調和し共生を目指して

CSRの取り組み

環境報告書(2007年)

自然環境と調和し共生を目指して

代表取締役社長 國保 善次

当社は2005年度に定めた企業理念に「新しい個性を持った価値の創造」を基本理念に掲げて、価値観を共有した行動を追求しています。

顧客と株主から信頼され期待される機能を創造していく事業価値、自主自立の変わらざる伝統を基盤に広く社会から必要とされるベストメーカーとして持続する存続価値、社員一人ひとりが個性を発揮し連携し変革に挑戦し成長する社員価値、そして社会・自然環境との関り合いにおける配慮と貢献を促進し調和と共生を図り、理解と共感を得られるよう努める社会価値。この4つの価値を進化させ、新しい価値へと創りだして、固有の力としていきたいという意思を込めています。

そのためにはモノづくりの原点である「品質」に徹底的にこだわりぬく、それには生産・販売・技術・管理の各部門のコラボレーションが必要であり、コラボレーションの基本は、コミュニケーションとし、新しい個性を持った価値の創造にコミュニケーションを重ねて日々挑戦して取り組むことが大事であります。モノづくり人づくりに力を注いでまいります。

2006年度は世界的な異常気象が発生し、地球温暖化を防止することが、大きな課題であることをまさに実感した一年でありました。

CO2排出量削減に向けた一層の省エネルギーへの取り組みが大切であり、省資源、環境負荷の低減、環境対応商品・工法・サービスの開発展開に熱き思いをもって努力を積み重ねて、自然環境との調和と共生を目指してまいります。

今後とも当社の事業活動にご理解を賜りますようお願い申し上げます。

このページの先頭へ