ホーム > CSRの取り組み > 環境報告書 > 環境報告書(2006年) > 自然環境と調和し共生を目指して

CSRの取り組み

環境報告書(2006年)

自然環境と調和し共生を目指して

代表取締役社長 國保 善次

淀川製鋼は表面処理鋼板製造を主体とするメーカーとして常に顧客から信頼され、社会から必要とされる企業を目指しています。

省エネルギー、省資源のさらなる推進、環境負荷の低減を「環境への当社の責任」とし、環境対応した商品・工法・サービスの開発展開を「環境への当社の貢献」として取り組んでいます。

当社は未来を見据えた企業として環境経営に重点をおき、社会の持続可能な発展に向けて、自然環境と調和し、共生する活動を行ってまいります。今後とも、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

このページの先頭へ