ホーム > CSRの取り組み > 環境報告書 > 環境報告書(2005年) > 自然環境と調和し共生を目指して

CSRの取り組み

環境報告書(2005年)

自然環境と調和し共生を目指して

代表取締役社長 鈴木 鐸志

当社は自然環境と調和・共生し、個性をもって充実し、常に顧客から信頼され、社会から必要とされる企業を目指しています。

生産活動におけるエネルギー消費、化学物質・産業廃棄物の排出など環境への負荷を低減することは「環境配慮への当社の責任」であり、永年培った技術・ノウハウを製品・工法・サービスに一層展開していくことが「環境への当社の貢献」と考えています。

業界に先駆けた環境負荷物質六価クロムをゼロにするクロムフリー化商品は、その商標を「エコグリーン」とし順次拡大してまいりました。当社のすべての表面処理鋼板をクロムフリー化し「エコグリーン」シリーズの完成をも視野に入れています。ご期待をいただきたいと存じます。

地球環境保全を見据えた企業として一層環境経営に重点をおいてまいります。今後とも淀川製鋼の事業活動にご理解を賜りますようお願いを申し上げます。

このページの先頭へ